読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOLノート | リーグオブレジェンド攻略ブログ

League of Legendsの攻略ブログです。ジャングルとサポートの攻略記事、チャンピオンの立ち回りやビルド解説など。

すべてのジャングラーが知っておくべき、『30のジャングルの知識とテクニック』 後編 (16以降)

f:id:lolnote:20160418171725p:plain

海外フォーラムのRedditに投稿された、ジャングルについての人気まとめを日本語でご紹介します。ジャングラーの方はぜひ読んでみて、ジャングルの立ち回りについての知識を再確認してみましょう。

f:id:lolnote:20160406020213p:plain
https://goo.gl/Rp1fKm

原文は分量が多いため、前編と後編とで分けさせていただき、本エントリでは後編として16以降について以下紹介します。

なお原文は、2年前のシーズン4に投稿された内容のため、現行のシーズン6とは一部異なる箇所もあります。そのため、一部のTIPSについては、ピンク色の文字で脚注を加えたり、加筆修正を行ったりしました。

www.lolnote.net
前編はこちらです。

すべてのジャングラーが知っておくべき、『30のジャングルの知識とテクニック』 後編 (16-)

16. 2-7-12-17-22

2-7-12-17-22(分)のタイミングを覚えておきましょう。バフが出現する時間は大体この時間です。17分前後でバフが出現することが分かっていて、敵のバフにワードを挿したければ、16:30ごろにワードを挿すのがベストです。

17. フラッシュの後にブリンクを使え

Gankをするときブリンクを使ってレーンに乱入するのではなく、なるべく敵がフラッシュを使ったあとにブリンクを使いましょう。

18. フラッシュ落ちの敵をGankしろ

敵がフラッシュを使ったことを味方が知らせてくれたら、そのレーンをGankギャンクしましょう。敵のフラッシュが落ちているからというだけでなく、味方に合わせてあげることもチームワークとして大事です。

19. 負けてるレーンをGankするな

全てのレーンが勝つとは限らず、1つレーンが負けてるぐらいなら良いほうで、原則そのレーンはもうGankしないようにします。しかし、例えば敵がジャックスのレーンで負けたまま放置することは出来ないので気をつけましょう。

注:Jaxのような後半強いキャリーが育ってしまうと、一気にスノーボールされて、ゲームに負けてしまう危険性があるためです。

20a. CCを後出しで使う

レーナーがCCを持っているときは、レーナーが先にCCを使ってから、その後にチェインで使うほうが良いでしょう。開幕にCCを使ってしまうと、レーナーが同時に当ててしまうかもしれません。

20b CCを先出しで使う

あなたはエリスのプロですか?そうであるならもちろんのこと、ジャングラーがまず先にCCを使うことでレーナーがチェインでCCを当てやすくなるときは、Gankの開幕に先に使いましょう。上手なウディアであれば、「熊 > スタン > 虎 > AA > フェニックス > AA、AA、AA > 熊 > スタン」とスタンを2回も叩き込むでしょう。

21 数を数えられるぐらい冷静に行動する

もう私は何番目のTIPSか分からなくなってきました(笑)

22 ?

23a オブジェクティブを優先する

オブジェクティブを取れるときは、ジャングルをファームするのを辞めて、オブジェクティブ確保を優先しましょう。

23b 寄らずにスタックを溜めろ

味方が動きを合わせてくれるのであれば、チームに動きを合わせることよりも、まずスタックを溜めるほうが良いでしょう。そもそも個人的にはファーム系全般はあまり好きではないですけどね。

24 Pingを打ちまくれ

GankをするときはPingを打ちましょう。ミニオンウェーブに、味方の近くに、Ping Ping Ping Ping Ping Ping Ping!(打てなくなるまで打ちます)。CSに意識が集中しすぎてしまって、Gankに気づかないプレイヤーもいます。特にCSが取りにくい状況だと尚更です。

追記:Pingを打ち続けるのはGankするときだけにしましょう。通常の移動時や警戒を促すPingをスパムするのは、不愉快なものです。現実的には3-4回で十分で、それ以上打つのは意味がありません。

25 脅威となる敵からフォーカスせよ

BOTレーンなど、敵チャンプが二人以上いるレーンをGankするときは、最も威となる敵を確認したうえでPingを鳴らして、あなたのチームにターゲットを知らせましょう。分かりやすい例は、サポートのザイラ(Zyra)の立ち位置が悪いときです。バーストダメージを出せるサポートメイジはレベル3のADCよりも火力が高いです。サポートから狙いたがらないプレイヤーが多いのですが、Pingでターゲットを知らせて、立ち位置の悪いZyraから狙うほうが良いでしょう。

25a 死んだ状態でPingを鳴らせ

死んだ状態でも、Pingを鳴らしてチームに指示を与えることができます。私自身も死んだ後、フォーカスすべき敵を特定することで、数多くのチームファイトを有利に導くことができました。

26 計画的に行動しろ

ジャングルの回り方を検討して、いつリコールするかも考慮しておきましょう。戻ったタイミングで、その必要なジャングルアイテムを急いで購入します。

27 タワーダイヴをするな

特に低レート帯では、タワーダイヴをしてもレーナーが適切にアシストしてくれるとは限りません。タワーの攻撃を受けすぎるのは危険です。

28 黄トリンケットでカウンタージャングル

Devourer系のジャングラー相手にするときなど、Gankよりもカウンタージャングルに重きを置く場合は、黄トリンケットを持つようにしましょう。

29. 赤トリンケットを正しく使え

Gankをするとき、必ずしも赤トリンケットでワードを破壊する必要はありません。赤トリンケットを使うと、たとえワードが置いてあったとしても、敵の視界から消えることができます。もしワードを壊すと、敵に感づかれてしまうことがあります。

赤トリンケットを使ったときは、敵の動きを観察して、もし敵がすぐに後ろに引くようであれば、気づかれてしまっています。

30a ダブルバフ持ちで死ぬな

ダブルバフ持ちのあなたは、パリス・ヒルトンの不動産資産と同じぐらいの価値があります。絶対にまぬけな事態に陥らないようにしましょう。

f:id:lolnote:20160418174311j:plain:w250
パリスヒルトン。ヒルトンホテル一族の令嬢。

30b ダブルバフ持ちの敵を狙え

敵プレイヤーがダブルバフ持ちのときは、パリス・ヒルトンの不動産資産を狙うかのごとくハントしましょう。

30c キル交換とバフの移動

あなたがバフを持っていたとしても、その後にバフが味方に移動することに確証があれば、キル交換をしてもよいでしょう。

31 敵ジャングラーとデュエルしろ

全てのレーンが勝ってるときは、敵のジャングラーとデュエルしてもよいでしょう。くれぐれも死なない程度に。敵ジャングラーはその間、レーンのヘルプに回れず、挽回の目を潰すことができます。

32a (省略)

32aはSmiteに関するTipsですが、S6ではSmiteタイマー等の状況が違い、読者の方に誤解を与えるかもしれないため、LOLノートの判断で省略させて頂きました。

気になる方へ、原文はこちらです。32a.) Smite cooldown is so low you can use it as soon as your first buff spawns and the smite will be up again if you want to late invade.

32b  バフ狩り最中の敵を狙え

インベードのとき、敵がバフを始めるのを待ってから襲うのも良いでしょう。敵のHPが低くなってからであれば、キルも取れます。

おわりに:翻訳の際の注意書き

LOLノート著者が翻訳時に行ったことについての注意書きです。

・情報を見やすくするために、全TIPSについてタイトルをつけた。(原文はタイトル表示はなく、箇条書き形式)
・一部の文章を意味が伝わりやすくなるように加筆修正した。(例:原文でlolkingとなっているものは、op.ggと改変した)
・シーズン変更により影響があるものはピンクの文字で注を加えた。

上記の作業のため、原文と若干異なる表現をしている箇所もあります。より忠実な表現が気になる方は、原文リンク先を参照ください。

原文:https://goo.gl/Rp1fKm